りつのひとりごと

りつのひとりごと

ひとりでゆるーくやってます

お気に入りのピアノのサウンドフォントの音を比べてみた

 

最近なかなかパソコンに触れなくて、

たまに触るとのめりこんでました。

 

今回は、私が個人的に好きなピアノのSF4種の音の聴き比べをしてみたいと思います。

なんとなく違いは分かってきたけれど、改めて確認してみようと完全に自分用です。

 

 

 

りつ的おすすめサウンドフォント比べてみた 

その1 Steinway

 

 

ちなみに曲はベートーベンピアノソナタ第8番「悲愴」第二楽章を適当にカットしました

若干こもっているように聴こえる気がします。うまくまとまっているみたいな感じ

 

その2 Yamaha C7

 

 

上のStainwayとセットになってました。ピアノのサウンドフォントにしては容量が割と軽めでいいですね。

やや角がたっていて、たまに強いところがきついので(私の技量不足)、バンドスコアでピアノ鳴らすときとか使ったりしてます。いい感じに聞こえます。

 

その3 WST25FStein_00Sep22.sf2

(名前がわかんないのでファイル名……)

 

 

次のその4で出てくるサウンドフォントの前は、これをメインで使ってました。

ただ音符置いてくだけなのになんだかんだよさげに聞こえてくるのですごいですこいつ。

フリーで手に入れたんですけど、今は手に入れられないみたいですね……。ダウンロードしといてよかった……。

 

その4 Splendid Grand

 

 

今一番お気に入りのSFです。

ダウンロード大変でしたが入れてよかった。ぜひ使ってください。

これだけはソース覚えているので勝手にリンク張ってみます。

Splendid Grand SoundFont Download

でもこれもまた私の技量不足でたまに音がきつくなるので、その3のWSTなんとか使うこともたまにあります。でも本当、音がリアルですこです。

 

最後にもう一度比べてみよう

 

まあ、これでもいつの間にか3、4年くらいこれらのSFと共に過ごしてきたから、それぞれの特性はわかってきたつもりだよ。

スタインウェイはこもっててヤマハは鋭くてWSTは凹凸がなくてSplendidはリアルっていうぼやけた認識。

 

これからもお世話になります!