りつのひとりごと

りつのひとりごと

ひとりでゆるーくやってます

わからないと言う前に少しは考えてみようとする気持ちはないのだろうか

(記事タイよく聞く言葉だけど)

 

-----

 

最近、情報の先生にめっちゃ褒められる私、りつと申します。

 

 

情報の先生は、とっても優しい先生なんです。これ前提。

とっても優しい先生だから、私なんかのこともほめてくれるのかもしれません。

 

 

情報といえば。

今日進路ガイダンスがありました。

自分の行きたいところに行って、話を聞く感じでした。

 

私はどこに行こうか迷うこともなく、流れるようにエアラインとIT系のところに行きました。

 

 

だってさ……ファッション?っていうの?デザインとか、服飾系は全くないし、イラストレーターとかも、絵は趣味で楽しみたいし、あとは声優とか福祉系もあったけど、私が行っても友達と遊ぶだけだなと思い……

 

わが身一つで乗り込んだのです。エアラインとプログラマに。

 

 

エアラインは、整備士って書いてあったから行ったんですが、そこで聞けた話はGSとCAだけで残念でした。

まあそんな感じもしてましたけどね。

でもGSさんについて前よりよく知ることができました。

たとえば、空港のカウンターに出てるのはみんな新入社員さんだとか。

 

ベテランのGSさんは、一部除き裏でもっと大事な仕事を任されているようです。

勉強になりますね。

 

 

それから、IT系からプログラマのほうにも行ってみました。

ここは『ITについて』っていう授業みたいでした。笑

 

 

でもどの人も口をそろえて言っていたのは、

「専門的な知識よりも国語力」

という言葉でした。

 

 

私は『バカであほな低知能生物かっこもしかしたら人間』くらいのレベルの頭の持ち主ですが(全然わからない)、

普通に人の言うことは聞けます。というか、それが当たり前ですよね。

 

 

でも、それができない人も実際いる、ということも最近やっとわかってきました。

 

ここから本題。

 

 

 

私の隣の席の女の子は、先生の説明が終わったら『全然わからなかった』って絶対言います絶対。絶対。絶対。

そしてこういうことは、その女の子に限りません。

 

 

私は、こういうのを見て正直いらいらしてしまうときがある。

先生の言ってた通りにすればいいじゃんって思ったり。

 

とても簡単な作業で、しかも前の時間に同じ操作をしてるんですよ。

だから本当はできるはずなんです。

 

 

でも彼女は先生の話を理解する気がない。

テスト返却のときに、点数が悪かった自分の解答用紙を見てすぐにぐちゃぐちゃにするみたいなものだと思います。

どこを間違えたのか、正答はどんなものなのか、自分の誤答とどう違うのか、しっかり結果を受け入れてから頭に入ってくるのに、そんなこともせずそのままゴミ箱行き。あーかわいそう。そりゃわからないわ。

 

 

少しは自分で考えてみたら、って思ってしまいます。

考えたうえでわからなかったときに、先生に聞きに行くんじゃないかなって思ったり。

 

 

授業によっては、プリントを使うことがあります。

そのプリントは、教科書を見ながら穴埋めしていくといった感じです。

教科書を読めれば幼稚園児でもできます。

だってりつでもできるんですよ。←

 

 

でもそのプリントを自力でやらない輩はたっくさんいる。

人のプリントを写す。

 

それも別にどうでもいいっちゃあいいんだけど、

プリント配られた瞬間に「見せてー」って言うのは、本当に、どうかと思いました。

だからテストで赤点取るんだよって言いたくなります。心の中で言いました。

 

 

私が今までずっと思っていたのは、

『まずは自分で考える。わからなかったら、人に聞いたり教科書を見たりする』

小学校の先生に習いますよね。

 

でも今まわりの人が思っているのは、

『どうせ意味わからないんだから、やる意味はない』

 

 

「いややれよ!」って思いません?

意味を理解するためにやるんだよ。私だって初めて習うんだから知らねえよ。つーかこちとら中学校三年間通ってねーんだよ。お前らのほうが頭いいだろ。やれよ。って思います。

すぐ論破されそうですけど笑

 

 

中学校三年間通ってないやつに、定期テストで点数負けるのって悔しくないんですかね。

まあそういう奴らって、こういう概念無さそうですよね。

私が無駄にプライド高いってだけでした。

 

 

点数取れないやつはまあほかのとこで頑張って、それなりの内申もらって、それなりの進路に進めばいいんだよ。

私は私の道を突き進む。

なんてかっこつけたいですけど、私もそんなに人に言える立場ではないですからね。自重しないと。

 

 

 

 

話がまとまらないのはいつものことだけど、本当にすみません。

まだ続きそうだけど終わります。