りつのひとりごと

りつのひとりごと

ひとりでゆるーくやってます

ダイヤのAの曲の歌詞の意味を自分なりに考えてみる④ 空が青空であるために

 

ずっと前にこういう系の記事書いていたんですが、唐突にまたやりたくなった(笑)

ダイヤのM好きさん、お付き合いください。

関連記事は一番下にリンクはります。

 

今回はGLAYさんの『空が青空であるために』です。

ダイヤのA SSの最後のOPでしたね。

今までのGLAYの曲の中で一番ダイヤのA感があって結構好きです。

空が青空であるために

空が青空であるために

  • GLAY
  • ロック
  • ¥250

 

いろんな考察があると思いますが、ダイヤに関連付けて、あくまでりつの考えで語ります。

(はてなブログって歌詞が書けないから一応引用にしますが、多くはできないので気を付けていきたいと思います。引用する分みっちり文書いていきますね!)

 

空が青空であるために

曲名

前回と同じような書き方にしようと思って曲名の欄作ったけど、急には考えられないからあとに書きますね。(;^_^

 

歌詞

 

雨上がりグラウンドの熱を感じて抑えきれずに 疾走り出す蒼き魂達

足音に気付く事もなく 振り返る余裕さえもなく

ただ前を見て雲を追い駆けた

 

 雨上がりのグラウンドに興奮している野球部員たちが思い浮かびますね。

雨の間はグラウンド使えなくて、室内練習場で練習していたけどやっぱりなにか物足りなくて、雨が上がった瞬間にこらえていた感情が爆発した感じがする。笑

 

その次の歌詞では、 ただただ必死に練習しているっていう感じがしますね。

ただ前を見て雲を追い駆けた。

なんだか、走っているキャラの感情が見えてきませんね。

ただ、沢村がイップスに苦しみ走り込みをしていた時に、片岡監督が言っていたセリフがありましたね。

「気持ちが前へ向かおうとしてなきゃ 顔は上がらない」

歌詞の『前』が顔なのか気持ちなのかわかりませんが、どちらにしても前向きになってはいるようですね。

興奮してんのか冷静なのかはわかりませんがね。

 

雲っていうのは空を流れている雲、だけではなくて、これからの大会とか、甲子園とか、そんなものも一緒に指しているように感じてしまいます。二次元脳?(;^ω^)

 

 

空が青空であるために 夜を超えまた陽を照らす

夏の夢に生きてく人よ 蒼き魂に火を点けろ

 

はい、サビですね。

この辺りは、考えるな、感じろ、ですね。いや全編そうかもだけどさ。

 

夏の夢ってなんでしょう。

やっぱダイヤで考えると、甲子園かなぁって感じがしますね。

初めて聴いたとき、『生きてく人よ』っていうところに、ちょっと違和感を覚えました。

え、生きてる人じゃないの?と。

今現在甲子園めざしてがんばってる人だけじゃなくて、これからがんばる人たちのこともすべてひっくるめている感じがしますね!

今から青道に来る人にも蒼き魂は宿ってると思うんです。蒼き魂なければ青道選ばないから。そう思ってます私。

 

だから、『これから夏の夢に生きてく人』も蒼き魂に火をつけてほしいですね。何言ってんだこいつっていう目やめてください。いたってまじめにやってます。笑

 

 

アイツだけには負けたくはないと 歯を食いしばり泥だらけになった

泣いた日々や眠れなかった日々 想いだけじゃ叶いはしない夢

掴み続けたその手を離さないで

 

ここの部分個人的にすごく好きなんです。

沢村サイドで妄想ストーリーがふくらむけれど、ちょっとそこから離れてみますか。

 

アイツっていうのはライバルだと仮定しますよ。

ライバルには負けたくないですよね。誰だってそうだと思います。負けたくないから泥だらけになりながら一生懸命練習するんです。

 

泣いた日々や眠れなかった日々。回想みたいですね。

大事な試合で負けてしまったとか、大事な場面で打たれてトラウマとか、野球の厳しさを身をもって知った。

『想いだけじゃ叶いはしない夢』ってそういうことだと思います。現実知った、みたいな感じ。

 

掴み続けたその手を離さないで。誰が誰に向けて言ってるんでしょう!

ここも考えないで感じよう!笑

 

 

誰かが夢を叶える度に ひとつ夢が奪われてしまう

(中略)

儚き瞬間に射し込む涙 ダイヤの光

 

誰かが夢を叶える度にひとつ夢が奪われてしまう。

たとえば、スタメン争いやエース争いがありますね。

あいつはエースになりたくて、それを叶えた。だがあいつがエースになったから、同じようにエースになりたかったそいつは夢を奪われた。

 

儚き瞬間に射し込む涙。このフレーズを初めて聴いたときは、サヨナラのことかと思いました。

たとえばサヨナラホームランだったら、スタンドに入るまで観客はみんな目で追いかけて、外野手はからだでも追いかけて、でもピッチャーは唖然と立ち尽くす、みたいな。

まあもっといい意味でも捉えられそうですけどね(-_-;)

 

ダイヤの光。感じろ!←

 

 

夏の陽射しに目を逸らさず 戦い抜くんだこの場所で

 

最後のフレーズ。とても印象的です。

がんばれ!って応援したくなりますよね。

 

夏の陽射しは隠喩に見える。いろいろ考えられそうですよね。

戦い抜くんだ、この場所で。なにこれかっこよ。一生で一度でいいから言ってみたいですわ。

この場所もいろいろありそう……。無難なのは野球場?笑

 

 

はて、最初に出したけど、『空が青空であるために』というのは結局どういう意味だったのだろうかね。

 

解決できないよ簡単には!!(・ω´・)

 

なんか神聖なものに手を出してしまった気がする。

もう触れないでおこう。

 

MV



 関連記事