りつのひとりごと

りつのひとりごと

ひとりでゆるーくやってます

MENU

3月ってめっちゃいい曲、たとえばこの曲聴きがち

 

 

群青です。群青。めっちゃいい曲。泣く。泣くよ。泣いちゃうよ。

 

f:id:diaace:20170321112147j:plain

 

 ちゃっかり楽譜も手に入れたっていうね。

 

大好きな混声三部です。

時間あるとき打ち込みますー!!

 

www.panamusica.co.jp

 

24時間テレビでも放送された、東日本大震災により福島の小高中学校の

生徒たちが離れ離れになった仲間を思う気持ちをつづった感動の一曲……。

 

私は3月に聴きがちだけど、この曲は卒業ソングではありません。

大事なことなのでもう一回。

 

この曲は単なる卒業ソングではありません!!

 

これは私の考えではなくて、作り手の方々が明言しているのです。

指揮者の本山氏。(作り手っていっていいよね……)

 

この曲は単なる卒業ソングではない。別れを告げることも、再開を誓うことも出来ないままそれきりになった友たちへの心からのエールである。故郷と友、そしてそこで過ごした時間に思いを寄せる「真実のうた」である。真実の中から生み出された言葉と音楽は、どのような創作にも勝り、高い純度を持っている。

引用元: 群青 [混声三部版] 真実のうた「群青」 本山秀毅

 

 この曲はじめて聴いたとき、本当なんか、なんか心に響いたんですよ。

 言葉の説得力がすごいんですよね。あと重み。

 

明日も会えるのかな

という歌詞があるのですが、重いですよね。おもおもです。

 

原発やらなんやらで離れ離れになってしまったわけですよ。

もしかしたらもう会えないかもしれないわけですよ。

重いよっ!! だがそれがいい、真実のうたなのだから!

 

……はい。

 

ところで、『群青』という曲の題が気になって。

気になりません? どういう意味なのか。

 

小高区は「紅梅の里」と呼ばれており、小高中学校はその紅梅の色をイメージした「エンジ色」がスクールカラーとなっています。しかし校歌に「浪群青に踊るとき」という一節があることから、文化祭は「群青祭」という名称であり(中略)「群青」とは本校に関わる誰もが自分たちの色と感じていいる色の名前であり、私たちの絆そのものです。

引用元: 群青 [混声三部版] 群青の子ら 南相馬市立小高中学校教諭 小田美樹

 

なるほどと思いました。

なんかいいですよね。スクールカラー。

スクールカラーって憧れる。

うちの学校何色なのか知らないまま卒業してしまった。

というか、スクールカラーなんてあったのかな。なかったな、たぶん。

 

この意味を知りながら歌ってみたかったよねー。

うわー、やっぱ中学で合唱部はいればよかったかなー笑笑

 

まあ入部していても歌えていたかわからないしね。

 

あはっ

 

というわけで、群青の話でした。

何言ってんのか言いたいのかわかんなかったなー。