りつのひとりごと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りつのひとりごと

ひとりでゆるくやってます

MENU

ダイヤのAの曲の歌詞の意味を自分なりに考えてみる KIMERO!! / BLOOM OF YOUTH

今回はOxTがため。KIMERO!!とBLOOM OF YOUTHです。

前回ED8と10を書いたら楽しくなってしまった自己満記事です。

diaace.hatenadiary.jp

 語りました。そして、語ります。

TVアニメ「ダイヤのA -SECOND SEASON-」EDテーマ KIMERO!!TVアニメ「ダイヤのA-SECOND SEASON-」EDテーマ BLOOM OF YOUTH

 

 

 

 

 

 

 

KIMERO!!にて春市さん参戦!

そしてついに、BLOOM OF YOUTHでは倉持も!! いいね。

 

KIMERO!!

曲名

KIMERO!!の曲名の意味とは。考えてみてもまとまりませんでした。そのまま決めろ!かなー……みたいな感じです。

 

KIMERO!!

100%のチカラで Oh 百戦錬磨のキズナ

やっと見えてきた夢の舞台

さあ 勝利を勝ち取れ Go Fight!!

 

 何を決めるのか、っていう話ですね。そりゃ勝利でしょと思ったけど、ここで確信してはだめなのです。考え方は十人十色。いろんな意見を出したいし聞きたいですね。

 

歌詞

KURAE!!

百万回の失敗を Oh 百万一回の希望を

その度 開かれてく未来

負けるための努力などない

あの頃知った傷も 胸を締めつける記憶も

すべてはこの一瞬のため

さあ 勝負を仕掛けろ My Dream!!

 

 ちょっと引用が長くなってしまったのですが(-_-;)

2番のサビですね。百万回の失敗と百万一回の希望。これ私は百万一回目の希望だと考えていました。でも改めて考えると失敗を乗り越えた先の希望じゃないかって思うのです。はじめ希望に満ち溢れていたけれど、1回失敗してしまった。でもそれで終わりじゃなくて、失敗したからこその2回目の希望が見えてくる。人生ってその繰り返しなんだよって聞こえてくるようで。笑

 未来に向かって百万回失敗しても百万一回の希望を願い続けてただろ? だからこそ未来が見えてくるんだよ。

 負けるための努力などない、という歌詞もいいですよね。人は何のために努力をするのだろうかってもう一度考えてみると、やっぱり他人に負けたくないとかテスト失敗したくないとかそんなことで、あいつに負けたいから負ける努力をするってちょっと違うなって思いました。

 すべてはこの一瞬のため。何のために努力してきたか、試合で勝つためだ。たった2時間のためだけに何日も何か月も練習を重ねる。それは楽しいことだけじゃなく、辛いことや苦い経験もするかもしれない。それでもそれすらも力に変えて試合に臨む。さあいくぞ!!みたいな。本当ぐっとくるよ『すべてはこの一瞬のため』って。

 

瞬間 優しい声が 慰めのように頬かすめてく

『結果だけがすべてじゃない』 そんなことは分かってるけど

人生には一度二度 ここぞという場面がある

 

 ある一瞬だけ自分にしか聞こえないような声で「結果だけがすべてじゃない」という優しい声が頬をかすめていった。自分でもそれをわかっているけど『ここぞという場面』だからやらなければならない。まあ歌詞をまんま書いただけなんですが、良いですよねここ。今やらなかったら後悔する、だから絶対やってやる!みたいな強い気持ちが感じられます。甘い誘惑(ちょっと違うと思うけど)にものせられないしね。かっこいいわ。

 

KIMERO!!

100%のチカラで Oh 百戦錬磨のキズナ

憧れ続けたあの舞台 この仲間と駆け上がりたい

 

 この曲ってアニメのEDなんだけど、どこか共感できるような歌詞が多いんです。その中でこの歌詞は個人的に一番好きです。『憧れ続けたあの舞台 この仲間と駆け上がりたい』。私もね、友達と一緒に1番目指していた時期があったんですよ。そのときにこの歌詞を思い出して、「私が心の底で思っていた感情はこういうことだったのか!」となり。大好きな仲間と憧れのあの場所へ行きたいっていう気持ちにすごい共感しました。

 

BLOOM OF YOUTH

曲名

 青春ですね。単語に分けるとbloomが咲く、youthに若者なんて意味もあるので、青道野球部だけじゃなくて、ほかのチームの部員たちもみんな成長するんだしているんだっていう感じがする。才能が開花するなんていうのは考えすぎかな。

 

歌詞

つまずきながら泥にまみれながら

譲れない想いが育ってく

 (中略)

精一杯背伸びすることに

理由なんてないけれど

迎えに行く 新たな自分をほら

Step!! Step!! Step!! Step!! Step by step!!

 

 1番の出だし。ちょっと引用多かっただろうか……(汗) 文いっぱい書く!笑

 まず気になる歌詞は『譲れない想い』ですね。想いは心の中に浮かんでいるものだから、なにを譲りたくないのかなって想像がふくらみますね! つまずきながら泥にまみれながら。きっと練習中ですね。たとえばこうおもっているのが沢村だったら、いつの間にか近くを走っている降谷に対抗心を燃やすとかそんな感じでしょうか。『あいつには負けたくない』『厳しい練習にも絶対勝つ』みたいな。

 精一杯背伸びすることに理由なんてないけど新しい自分を迎えに行く。一歩一歩確実に新しい自分に近づいていく、そんな感じがしますね。いいね。

 

ついごまかして 急に恥ずかしくなって

ポケットにしまい込んだ夢

一生懸命でいることに

君は冷めたりしないで

ひたむきさは最強の武器だよ

Try!! Try!! Try!! Try!! Try it again!!

 

あるよね。恥ずかしくなってごまかすこと。ポケットにしまい込んだっていう言い方いいな。自分だけにしかわからなくて、ひとには絶対に言えないよね。

 さて、次の歌詞。『君は冷めたりしないで』。ここちょっと個人的に悩みどころだったんですよ。『君』が一生懸命にやっててあるとき冷めちゃって『僕(仮)』が「ひたむきさは~」と励ましているのか、それとも『僕(仮)』が頑張っている姿を見て『君』がついていけなくなった。「悪い……もう俺、お前にはついていけねえ」それでも『僕(仮)』は前を向いて努力を続けるなのか。どちらでもない気がするな。try it againを「もう一回やってみよう」だと考えるならば、僕(仮)は冷たくなりそうな君に前を向いてほしいという感じがしますね。

 

Growing!! Growing!!
さあ行こう 描く夢は最大級
Rolling!! Rolling!!
最後まで転がってゆけ BLOOM OF YOUTH
見えるかい? 道はまだ途中
無限大の可能性を行け

 

 growing成長ですね。どこまでもどこまでも成長できるような気がしてくる歌詞ですわ。りつの気になったところ『転がってゆけ』。どこを転がるのかって気になるじゃないですか。『BLOOM OF YOUTH』を転がるんでしょうかね。それとも、この次のED BRAND NEW BLUEの『ダイヤモンドに転がした夢』とつながっていたと仮定してて塁上……。いややっぱ青春を転がってゆけって感じがしますね。なんにも邪魔されずに自分の進みたい方向にゆけって。

 見えるかい? 道はまだ途中 無限大の可能性を行け。目標はまだもうちょっと先にあって自分たちはその目標への道を歩いている途中なんだよ。その道中はいろんな可能性があってどこまでも自分を高めることができる。まあ歌詞なぞっただけだけどだいたいこんなもんだと思っている。

 

この2曲はね、前回の2曲と比べて共感度数が高いです。

前回の2曲は作品に寄せているような気がして、キャラクターたちと結び付けて考えたりとかしたのですが、今回は、まあ結びつけることがほとんどだけど、りつ自身の体験にもがちっと当てはまったり、励ましてもらったり元気もらったり、そんな感じの曲でした。

今日は歌詞しか見ていないので明日は歌いたいですね。笑